・・・・・Amyのなっとく旅行記・・・・・
プロフィール

Amy

  • Author:Amy
  • 旅が大好きな「Amy」。ハワイを中心に旅の体験談をご紹介します。あなたの旅のヒントになれば幸いです。
    ブログに記載してある情報でわからない事があったら、「コメント」で質問してくださいね!できる範囲でお応えします。質問以外のコメントも大歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハワイ島。そこは、自然の威力を肌で感じることができる島。
その代表的なものが、キラウエア火山。

運がよければ、1100℃のまっ赤な溶岩に触れることもできる。
私は溶岩に触れ、その様子を撮影するためにハワイ島へ飛んだ。

私たち一行は、オーシャンエントリー(溶岩が海に流れ込む部分)を目指して歩いた。
歩く道は、ない。
ひたすらまっ黒な溶岩の上を歩く。

オーシャンエントリーは見えるかな?
写真はクリックすると拡大します
煙が出ているところがオーシャンエントリーです。

オーシャンエントリー到着すると同時に、みな肩を落とした。事態は最悪。
溶岩が地表に出ていないのだ。

オーシャンエントリーに到着!

これでは、溶岩に触れるどころか、撮影すらできない。
もう駄目かもしれないと思ったとき、仲間のひとりが山にむかって歩き始めた。

このとき、希望を失いかけたメンバー全員が、地表に出ている溶岩を探し当てるため、歩き始めた。

そして、ついに発見しました。
地表に流れるまっ赤な溶岩。
近づくと熱気でとても熱い。

その一部をご覧下さい。

目の前で流れている
クリックして拡大してみてください

真っ赤な溶岩


溶岩すくい


溶岩すくいに挑戦。
あらかじめ用意しておいた100円スコップで溶岩をすくい、固めました。
私だけのオリジナル火山弾ができあがりました。
溶岩をすくうために近づいたとき、熱気で顔をヤケドしました。
ヒリヒリします。
撮影がなければ、マスクをして溶岩すくいを行うところですが、
「人相がわるい」ということでマスクなし、になりました。

夜になると


私たちは、日が沈むまでそこに滞在し、思う存分、溶岩で実験をしました。
あらかじめ用意しておいた木の棒をさしてみたり、水をかけてみたり、
ペットボトルを入れてみたり、溶岩をつっついて形をかえてみたり。

そして、一部始終をビデオで撮影しました。
自然の威力が伝わることを願って。


ランキングの応援ありがとうございます♪順位はこちらをご覧ください
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。