・・・・・Amyのなっとく旅行記・・・・・
プロフィール

Amy

  • Author:Amy
  • 旅が大好きな「Amy」。ハワイを中心に旅の体験談をご紹介します。あなたの旅のヒントになれば幸いです。
    ブログに記載してある情報でわからない事があったら、「コメント」で質問してくださいね!できる範囲でお応えします。質問以外のコメントも大歓迎です。

カテゴリー
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、よく陥る勘違いについて書きたいと思います。
あなたもこんなハズではなかった~と後悔しないようご注意を。

ハワイ島には、たくさんの「火山ツアー」がある。
「火山ツアー」を申し込んだ人がいた。
そのお客さんは「火山ツアーだから、まっ赤な溶岩をみることができるだろう」
と思って楽しみにしていたようだ。

真っ赤な溶岩


しかし!

火山ツアーは、まっ赤な溶岩をみるツアーでなく、
むかし噴火した火口をみるツアーだったのだ。
つまりまっ赤な溶岩をみるツアーではないのだ。

そのお客さんは、がっかりしたに違いない。

まっ赤な溶岩を確実にみせてくれるツアーは、少ないと思う。
また自然は、きまぐれ
まっ赤な溶岩が流れる場所も毎日変わる。
それを探し当てるのは、むずかしい。

オーシャンエントリー↓までは、煙が出ているところにむかって
歩いていけばよいので簡単に行くことができる。
よくツアーも出ている。

煙がもくもく
オーシャンエントリー

私が行ったときも、オーシャンエントリーでひとつのツアーと出会った。
が、そのツアーは、まっ赤な溶岩を探すことなく帰っていった。
せっかくここまで来たのにもったいないな~と思いつつも、
ツアーで大事なお客様の命をあずかる立場であれば、
オーシャンエントリーで引き返すだろうとも思った。

この日、まっ赤な溶岩は、オーシャンエントリーからわずか30分
歩いたところの陽炎(カゲロウ)の下にあった。
熱い溶岩の上には陽炎ができる。それを目印に歩いていくのがポイント。



ツアーに参加するときには、その内容をしっかりと確認しておきましょうね
「火山ツアー」と書いてあっても、まっ赤な溶岩をみるツアーとは、限りません。

もし、まっ赤な溶岩を見せてくれるツアーがあったら、是非ご参加を!
自然の営みを肌で感じることができます。

ランキングの応援ありがとうございます♪順位はこちらをご覧ください
スポンサーサイト
イルカにむかってガムシャラに泳いだ私は、海のまん中に取り残されて
なんとも言えない孤独感と恐怖を感じていた。

イルカはイルカ?!どころではない。

戻ろうかな・・・
いや、せっかくここまできたのだからもう少し泳いでみようかな・・・
と迷っていた。

しかしそこで目に飛び込んできたものは!

無数のイルカの尾びれ!
しかも、こちらに向かってきているではないか?!

まさか、私のほうに来てるの?!

無数の尾びれが私のほうに近づいてきた。

イルカは、機嫌がいいと人に寄ってきて一緒に遊んでくれると書いてあった。
イルカの遊び道具の葉っぱも持ってきていた。

私はイルカと遊ぶため、海の中に顔をつけて待った。
しばらくすると、どこからともなく微かにチーチーという泣き声が聞こえてきたような気がした。
が、イルカの姿は見あたらない。

気のせいかな?と思ったころ、ついに・・・

イルカとご対面~

7匹ほどのイルカが私の下をゆっくりと泳いでいった。
そして、3匹のイルカが目の前をゆっくりと泳いでいった。
手を伸ばすと届くほどの距離だった。

こんなに大きなイルカを10匹も目の前でみたのは初めてだった。
感動だった。

このイルカは、ハワイでもっとも多く生息するスピナー・ドルフィン。
ジャンプをする際に、体を回転させることからその名前がついたのだそうです。

Hookena Beach Park には確かにイルカはいた。

その日からしばらくハッピーだった。
その時のことを思い出しながらブログを書いている今でもハッピーな気分になる。
これぞまさに、イルカセラピー

ランキングの応援ありがとうございます♪順位はこちらをご覧ください

ふだんはもっとビーチの近くまでイルカがきていることもあるようです。
泳ぎに自信がない人は、ウキワかブギボを持っていったほうがよいでしょう。
イルカを怖がらせないようにして下さい!
Hookena Beach Park 場所は、コナから11号線を南へ25マイルほど行ったところです。
ハワイ島旅行の目的のうちのひとつは、「イルカと泳ぐ!」だった。
オアフ島とは違い、ツアーでなく、ふつうのビーチでイルカと出会えるハワイ島。
そのような内容をガイドブックで読んでも、半信半疑だった私。
「ほんとかな~
そう思いつつも、イルカに出会えるビーチへ行った。

イルカはイルカ?!

Hookena Beach
Hookena Beach Park

ふつうのビーチ。人々がイルカと遊んでいる姿はなかった。
しかも、イルカは朝早く来るため、8時には行っていたほうが良いのだが、
私たちがビーチに到着したのは11時だった。
「やっぱり、ダメか・・・
と思って帰ろうとしたとき、仲間ひとりがピコンと動き始めた。

「あの~もう行きませんか?」
「ちょっとまって、あそこに尾びれがみえる」
「え~!ちょっと貸してください!」と双眼鏡を奪い取るわたし。

ずいぶん多くの尾びれがみえた私はすっかり興奮し、シュノーケルをつけて
海に飛び込んでいった。

ガムシャラに泳いだ。私は,かるく1km泳げる自信がある。
が、よく考えてみると、双眼鏡でしか見えないほど遠い。
泳いでも、泳いでも、イルカは遠かった・・・。

疲れてハ~ハ~と呼吸をしながらふと後ろをみると、
ビーチもずいぶん遠くなって、沖に出ていてしまっていた。
ビーチで泳いでいる人が小さく見える。
今さらだけど怖い・・・

イルカに出会えるのだろうか私?
その前に、生きて戻れるだろうか私?

~~つづく~~

ランキングの応援ありがとうございます♪順位はこちらをご覧ください


// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。